ファイナンシャルプランナーを
目指し、受検を決めた理由。

「通信」が自分にはベスト!
待てよ、他に方法はない!?

“一長一短”はあって当然。
「通信」の“長”に納得!

フォーサイトの通信講座。
『合格体験記』を覗く。

楽しく勉強できる「通信」。
フィーサイトの通信講座。

メディア教材は私のため!?
勉強嫌いでも続けられる!

“人生設計のプロ”
ファイナンシャルプランナー。

目指すは「2級FP技能士検定」。
ダブルライセンスも。

年に3回の検定試験。 受検の
時期を決めて合格を目指す!

資格を目指して学んだこと。
資格を取って広がったこと。

“人生設計のプロ” ファイナンシャルプランナー。

私がファイナンシャルプランナー(FP)の資格を目指したのは、金融機関に勤めており、仕事に生かせる資格だからでした。生かせる云々という前に、職場で取得を奨励された、と言ったほうが正しいかも知れません。
同じ仕事を続けるにしても、資格があるかないかでは信頼度が違いますし、キャリアアップにも影響してきます。では、ファイナンシャルプランナーとは、どういう役割を担うのでしょうか? これから資格取得に向けて勉強するなら、絶対に押さえていなければなりません。

ファイナンシャルプランナーとは?

=「ご相談者(お客様)経済的な環境や家庭の状況の他、収支バランスや資産・負債、加入している保険などのデータを収集して現状を分析。お客様の人生設計において、目標達成をサポートする。その際、お客様の意向を尊重しつつ、無理のない、無駄のない資産設計を行うアドバイスを行うのが主な仕事。必要なライフプランを提案します。」=

ファイナンシャルプランナーを語るとき、“人生設計”はついてまわるキーワード。テレビを観ていると生命保険会社や信託銀行などのCMで「これか!」とわかるシーンが出てきます。企業に属しているファイナンシャルプランナーは、一般的に「企業系」と呼ばれています。私もそうですが、金融機関(銀行、証券会社、生命保険・損害保険会社)の他、不動産関連企業でも専門分野の仕事を任されます。
そして、単独で、あるいはファイナンシャルプランナー会社に所属して、依頼を受けた仕事をこなしているのが「独立系」のファイナンシャルプランナー。

独立開業型の資格ですから、資格を取ってキャリアを積み、自分でタイミングを見計らって「企業系」から「独立系」へと移行するケースも多いのです。ゆくゆくは私も、と考えていますが、それがいつになるかはまだわかりません。
やりがいの大きい仕事だけに“人生設計のプロ”としてお客様から認められるようになればいいですね。フォーサイトの通信講座で合格を果たし、私自身の人生設計も夢が広がりました。